目立たない方法で歯並びを良くしたい

マウスピース

歯並びの悪さに対してコンプレックスを感じているけれど、歯列矯正治療は口元が悪目立ちするので、なかなか治療に踏み出せないという人も多いのではないでしょうか。一般的な歯医者さんで行われている歯列矯正治療は、金属製の矯正器具を歯の表面に装着するメタルブラケットという方法です。大阪の歯医者さんでも行われている歯列矯正治療ですが、金属製の矯正器具を使うこともあり、どうしても口元が悪目立ちしてしまいます。人目が気になる思春期、また成人してから歯列矯正治療を始める場合、口元が目立つというのが大きなストレスとなってしまうようです。もし、口元が目立ちにくい方法で歯並びを良くしたいと考えているのであれば、「インビザライン」という治療法を検討してみてはいかがでしょう。インビザラインは、透明な素材で作られたマウスピース型の矯正器具を使う歯列矯正治療で、メタルブラケットのように治療中、口元が目立たないのがメリットです。歯列矯正治療を受けていることは、他の人にほとんど分からないので目立たない方法で歯並びを良くしたい人に向いています。

マウスピースは自由に取り外し可能

マウスピース

インビザラインはマウスピースス矯正とも言われている歯列矯正治療で、口元が目立たないとして大阪の歯医者さんでも希望する患者さんが増えています。歯列矯正治療に使われる矯正器具は、1度装着した後は自分の意思で自由に取り外せないのが一般的です。インビザラインはマウスピース型の矯正器具を使うのですが、マウスピースは自宅でも自由に取り外すことができます。1日に装着しなければいけない時間さえ守れば、食事中や歯磨きをするときにマウスピースを取り外せるのが、インビザラインの特徴です。取り外しができない矯正器具の場合、慣れるまで食事や歯磨きがしにくいというケースも少なくありません。食事がしにくいと美味しく食べられず大きなストレスとなりますし、歯磨きがしにくいと虫歯や口臭を引き起こす原因にもなります。実際、取り外しができない歯列矯正治療を行い歯磨きが不十分で、虫歯になってしまうという患者さんも多いようです。インビザラインであればマウスピースを取り外せるので、食事中に食べ難いというストレスを感じることもないでしょう。また、食べかすが矯正器具の隙間に挟まってしまうといったこともなく、いつでも衛生的な口腔内をキープできます。歯磨き時に取り外すことによって、普段通りにブラッシングできるので虫歯などの予防にも繋がります。このように、矯正器具を自分で取り外せる治療法はマウスピース矯正以外にはないので、インビザラインを受けたいという患者さんが増えているのでしょう。

広告募集中