HOME>トピックス>接客業と言う仕事でも問題にならないマウスピース型治療方法

他人に気づかれにくい治療方法

歯並びが悪くとも平気と言われた日本人ですが、最近になり矯正治療にかかる人も多くなりました。大阪市内でも歯並びが悪いことは口内だけでなく、健康そのものにも悪い影響があると自覚して来たのかも知れません。歯並びが悪いことは虫歯や歯周病にかかりやすいだけでなく、しっかりと物を噛むことも出来ないため内臓にも余計な負担をかけることになります。しかし昔からある矯正治療には抵抗を感じる人も多く、矯正をしないまま大きくなった人もいる訳です。そのイヤな矯正方法にも大きな変化がみられる時代になり、マウスピースを咥えるだけの治療も行われるようになりました。インビザラインと言われる治療方法で、目立つことがないため若い女性などに好まれる治療となっています。

取り外しも自由に

大阪で行う歯の矯正治療でインビザラインが人気な理由は、矯正していることを知られにくいと言うことがあります。特に接客などを専門に行う女性には、嬉しい治療方法となっていると言われます。大きな口を開けても、大きな声で笑っても気にすることなくいられる良さは、ブラケット治療を受けたことにある人にとっては羨ましいものに映るはずです。ブラケット治療より痛みが少ないと言うことや、取り外しが簡単に出来ると言うメリットがあり、常に口の中を清潔に保つことが出来る良さも人気の理由となっています。

広告募集中